目の下のクマが消えない

目の下のクマの原因は、ストレスや睡眠不足

目の下のクマって嫌ですよね。特に女性なら目の下のクマは気になります。メイクでなんとかごまかしていませんか?ではなぜ目の下のクマが出来るのか?目の下のクマの原因は何なのでしょうか。

やはり現代社会の生活環境が大きいようです。夜遅くまでおきている夜型人間、ストレス社会を象徴する徹夜三昧。このような睡眠不足の生活をしていれば誰もが目の下にクマが出来ます。

目の下のクマとは、血行不良のため血液の色が悪くなり、その血液の色が透けて見えるもの。その症状が特に現れやすい場所が目の下になります。目の下の脂肪層は、元々毛細血管が少なく酸素不足になりやすい。それに皮膚の厚さがわずか0.6mmとタマゴの薄皮一枚程度しかありません。だから血行不足になり酸欠になった黒ずんだ血液が、透けて見えるのです。それが目の下のクマということになります。

この目の下のクマが一時的なものなら、解消法としてお風呂に入ってマッサージし血行を良くして十分な睡眠を取れば、翌朝には改善されて消えて無くなります。

でも、翌朝になっても目の下のクマがとれなくて悩んでいる人がいるようです。

慢性的な目の下のクマの原因

悪い生活習慣が慢性化すると、目の下のクマも慢性化する。

翌朝になっても目の下のクマがとれなくて悩んでいる人がいます。お風呂に入って十分な睡眠を取っているのに?なぜ?消えない目の下のクマの原因は何でしょうか?

目の下のクマがとれないのは前に説明した生活習慣を繰り返していて、慢性化していることが考えられます。それにストレスは血流を悪くする原因です。寝る前にスマホを扱ったり、仕事の納期に追われて無理な残業をしたりしていませんか?これでは十分な睡眠を取っても、目の下のクマは取ることは出来ません。

この慢性化した目の下のクマを消すには自律神経のバランスを整えることが大切です。自律神経のバランスを整えるには適度な運動、シャワーではなく入浴、アロマ、クラッシック音楽、自然の中での森林浴などがストレス解消に効果的です。

つまり、生活習慣の改善と、ストレスを溜めないことが目の下のクマの慢性化を防ぐことになります。それでも目の下のクマが消えない人がいる?

目の下のクマ解消法

どうしても取れない目の下のクマはメラニンが原因

それでも消えない目の下のクマがあります。それはメラニンが代謝されずに残ってしまうことが考えられます。なぜメラニンが蓄積されるのでしょうか?

慢性的になった目の下のクマをそのままにして、同じような生活を続けていると、消えない目の下のクマになってしまいます。メラニンが残ったままになるのです。ストレスや乱れた生活をして血行不良の状態が続くと、活性酸素が発生します。メラニンは皮膚の細胞を活性酸素から守るために大量に作られます。さらに血行不良の状態が続くと、肌のターンオーバーが遅れメラニンが代謝されずに蓄積されます。これがなかなか消えない目の下のクマの原因です。

他にも慢性的な血行不良を起こす原因には顔のゆがみがあります。あなたの癖に頬杖や横向けに寝たりする癖ないですか?
顔のゆがみに一番影響を与えるのが噛み癖です。噛み癖といっても片噛み癖です。片方の歯ばかりで噛むとどうしても顔がゆがんできます。

Top へ